小陰唇の悩み|ゆるみを改善できるクリニックの膣引き締め|お悩みイッパツ解決

ゆるみを改善できるクリニックの膣引き締め|お悩みイッパツ解決

小陰唇の悩み

悩む女性

小陰唇は、雑菌から膣を守ったり、尿の飛び散りを防いだりなどの役割を果たしています。平均的なサイズとしては、高さが17ミリ、長さが56ミリ、厚さが3.2ミリとなっています。小陰唇が大陰唇に完全に隠れる人もいますが、大半の人はある程度露出しています。そのため少し出ているからといって、小陰唇肥大というわけではありません。大きさが気になるという場合は、自分で引っ張った状態の長さを確かめてみると良いでしょう。引っ張った状態で4センチ以上ある場合は、一般的なサイズよりも大きめです。小陰唇が大きいと、擦れによる痛みや、汚れが溜まりやすくい、などのデメリットが発生します。専門クリニックで小陰唇縮小術を受ければ、理想的な小陰唇の大きさにすることが可能です。

小陰唇縮小術の方法は色々ありますが、辺縁の単純切開を行なうことがほとんどです。単純切開でも十分に小陰唇肥大は改善できますし、それほど難しい手術ではないので、仕上がりの差も出づらいです。小陰唇縮小術を受けた後は、麻酔がきれて痛みが出ることがあります。ですから、手術当日は安静にしておいたほうが良いです。翌日からはシャワーを浴びることもできますし、通常の日常生活を送れます。術後1ヶ月は、痛みも落ち着いていますし、見た目にも違和感はないので、性交渉を行なうことができます。小陰唇縮小術で使用する糸は、吸収されるものなので、抜糸も必要ありません。術後3ヶ月では、完全に吸収されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加